在宅医療の薬剤師のススメ!

管理薬剤師の仕事内容はどんなもの?

病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで働く薬剤師にとって、スキルアップの選択肢である「管理薬剤師」。

一度は視野に入れたことのある薬剤師さんも多いのではないでしょうか?一概に管理薬剤師といっても、病院やドラッグストア、調剤薬局での管理薬剤師の仕事や年収は少し違ってきます。せっかく管理薬剤師を目指すなら、より条件のいい求人や、やりがいのある職場を見つけたいですよね。そこで今回は、管理薬剤師の仕事内容や、気になる年収についてお話ししていきます。

管理薬剤師の仕事内容はどんなもの?

管理薬剤師は特定の職場で働いている訳ではなく、働き先は多種多様です。一番多いのは調剤薬局で勤務する管理薬剤師になりますが、他にもドラッグストアや病院、製薬会社などの一般企業でも管理薬剤師は活躍しています。管理薬剤師の仕事内容はどこの職場も全部一緒…ということではなく、職場によって多少異なりますが、全ての職場に共通する、管理薬剤師の主な仕事内容は以下の4つです。

  • 従業員の管理
  • 医薬品の管理
  • 各患者さんに適している医薬品か判断→服薬指導
  • 業務が適正に行われているか、常に判断・管理

通常の薬剤師業務に加えて、他の従業員の管理や、業務が適正に行われているか日々チェックする必要があります。経営者と日常的に一緒に働くのであれば、薬剤師の資格を生かして助言するケースもあるかもしれません。一見大変そうに見える管理薬剤師の仕事ですが、薬剤師としてのキャリアだけでなく、組織運営を学ぶことができ、自分自身を高めることもできます。

では、各職場の管理薬剤師の仕事内容を見ていきたいと思います。

≪管理薬剤師の仕事:調剤薬局の場合≫

調剤薬局で働く管理薬剤師の仕事内容は、大きく2つに分かれます。

スポンサーリンク

①医薬品の管理業務

医薬品の保管の温度設定の管理や、在庫の確認を行います。在庫の場合、門前薬局であればクリニックや病院などの医師と連携を取り、確認する作業も発生します。医薬品の在庫が切れてしまったら、当然のことながら患者さんに薬が処方できなくなってしまうため、しっかりと確認や調整をする責任が発生します。

②従業員の管理

調剤薬局で働く従業員のメンバーへの情報共有や、薬剤師の知識を高める役割をします。また、業務で何か問題があれば、業務を円滑に進められるように指導をするのも管理薬剤師の仕事の一つです。

≪管理薬剤師の仕事:病院の場合≫

病院で働く管理薬剤師の仕事内容は、主に二つです。

①多種類に渡る薬剤の温度や在庫の管理

クリニックの門前薬局に比べると、病院や様々な疾患の患者さんが入院しています。そのため扱う薬剤の種類が多く、在庫管理や温度を保つ責任があります。

②一般職の薬剤師の指導や教育、管理

病院で働く薬剤師の人数は、(病院の規模にもよりますが)調剤薬局に比べると人数が多くなるので、その分指導や教育が大変になることもあります。他の薬剤師を管理できるだけの人間性やコミュニケーション能力は大切になるといえるでしょう。その分、管理薬剤師の働き先としては一番経験を積める職場です。病院の場合、ゆくゆくは「薬剤部長」というポジションに昇進することも可能になるのです。

≪管理薬剤師の仕事:ドラッグストアの場合≫

次に、ドラッグストアで勤務する管理薬剤師の仕事内容を見ていきましょう。

①一般的な医薬品や一部の日用品の管理

ドラッグストアでは管理薬剤師がいなければ、風邪薬などの販売ができません。他の職場と比べても、ドラッグストアの管理薬剤師は特に責任あるポジションと言って良いでしょう。病院と調剤薬局の管理薬剤師の違いとしては、薬剤だけでなく日用品も販売しているので、そういった商品の管理や知識を兼ね備え、お客様に説明する必要があります。

②一般職の薬剤師、薬剤師以外のパート従業員の管理

ドラッグストアですので、薬剤師以外のパート従業員の管理をする必要があります。主にシフトを作成する他、新人スタッフや既存スタッフの指導や教育を行います。薬剤師以外のスタッフとも携わるので、職場のチームワークが円滑になるよう、コミュニケーションをとる必要があります。

≪管理薬剤師の仕事:医薬品卸業の場合≫

では、次に医薬品卸で働く管理薬剤師の仕事内容を見ていきましょう。

①営業所内の医薬品の品質・保管・在庫・データ管理

病院や調剤薬局、ドラッグストアと異なり、様々な職種の方々と関わりながら仕事をしていくのが医薬品卸業の管理薬剤師の仕事です。そして製薬会社と取引先を繋ぐ役割も担っており、取引先から医薬品に関する質問があった場合、情報を提供し製薬会社より医薬品を仕入れる際は、販売ができるかどうかの判断を行う必要があります。

②MSへの教育を行う

MSとは医薬品卸企業の営業を指します。自社のMSに教育を行うことも、管理薬剤師の仕事です。医薬品卸業では、MSが取引先に医薬品の営業を行うので、事前に管理薬剤師がMSに知識を伝える必要があります。このように多種多様な医薬品を扱うことによって、幅広く医薬品の知識を身に付けることができるのです。

≪管理薬剤師の仕事:製薬会社の場合≫

製薬会社の場合も、薬剤に関連する部署には必ず一人管理薬剤師を配置する必要があります。製薬会社の管理薬剤師の業務は書類を扱うことが多くなりますので、主にデスクワークが中心となります。仕事内容は、主に3つに分かれます。

①行政機関への対応、新薬許可の申請、医薬品の問い合わせ対応

②医薬品の在庫・保管・品質管理

③MRへの医薬品に対する教育や指導

他の職場に比べると、業務内容が幅広くなりますね。一見、経験豊富な管理薬剤師でないとここまでの業務はこなせないように見えるかもしれませんが、製薬会社によっては管理薬剤師未経験でも応募できるケースがあります。

管理薬剤師の給料や年収はどのくらい?

管理薬剤師は他の一般の薬剤師に比べると給料が高い、というイメージは皆さんもあると思います。確かに管理薬剤師の年収は高いです。とはいえ、職場によって年収は異なります。では、実際に管理薬剤師の給料や年収はどのくらいか、見てみましょう。以下の表は各職場の管理薬剤師の平均年収です。

調剤薬局 500~600万円
病院 600~700万円
ドラッグストア 500~800万円
医薬品卸業 600~700万円
製薬会社 600万円~

管理薬剤師なのでどこの職場も給料は高い傾向にありますが、特にドラッグストアと製薬会社は年収が高くなる傾向がありますね。

病院の場合は、国立病院なのか、民間病院なのかによって昇給額が変わります。国立病院であれば公務員に準じた給料になりますので、勤続年数が長くなればなるほど順調に年収は伸びていき、年収800万円に到達することも珍しくありません。

調剤薬局の場合、求人票で高収入の場合は、人手不足の地域に配属される場合もありますので、高給与だからといってすぐ飛びつくのではなく、求人に応募する前にきちんと調べるようにしましょう。

また、ドラッグストアは忙しい店舗だと長い時間拘束される可能性もゼロではありませんが、管理薬剤師の場合は手当が厚いので、待遇は良いといえます(しかし1~8万円と差がある)。

管理薬剤師の必要な資格・スキルとは?どうすれば管理薬剤師になれる?

基本的に管理薬剤師になるためには、薬剤師の資格以外には必要ありません。しかし、薬の知識だけでなく、他の薬剤師を管理する能力が必要になります。薬事法や保健医療といった、専門的な知識も必要になりますので、ある程度経験を積み、知識をもった薬剤師でないと難しいです。また、他の薬剤師と同じように患者さんとコミュニケーションをとったり、従業員や経営者とのかかわり方も大切になります。

管理薬剤師を目指しているのであれば、日ごろから自ら学び、業務の提案をするなど積極的に行動していきましょう。管理薬剤師になるためには、通常は職場での昇進や、職場の経営者から勧められて管理薬剤師になるケースがほとんどです。(ドラッグストアの場合は、一店舗につき薬剤師一人というケースもあるので、必然と管理薬剤師に昇進できるケースもあります)日ごろからコツコツと業務をこなしていくことで、管理薬剤師への道が拓かれます。

管理薬剤師は、責任の範囲が大きくなることでやりがいがある

この記事でもお話ししたように、管理薬剤師は他の薬剤師と比べて責任が大きくなります。そうお伝えすると「やっぱり大変そう」「自分には無理かも」と感じるかもしれませんが、視点を変えてみると「仕事の幅が広がる」と捉えることもできます。一般的な薬剤師と仕事内容が異なる分、前とは違った視点で仕事をすることができるのです。

また、従業員の管理や教育をすることも管理薬剤師の仕事になるので、薬剤以外にも組織のマネジメントを学ぶことができます。薬剤の知識以外のスキルが身に付くので、今後のステップアップにも役立つことができるでしょう。

管理薬剤師になるためには、どこで求人を探せばいい?

これまで管理薬剤師の仕事内容や年収についてお話ししてきましたが、これから管理薬剤師に転職するにはいくつか方法があります。

①薬剤師専門の転職エージェント

②薬剤師の求人情報を扱うサイト

③ハローワーク

④今の職場で管理薬剤師に昇進する

この中で私が一番おすすめしたいのが「薬剤師の転職エージェント」です。

管理薬剤師に転職するのであれば、転職エージェントを使った方が入社後も長く働き続けられるからです。実際に転職エージェントを通じて管理薬剤師になった薬剤師は多くいるので、そういった転職者の体験談や、気になる職場の内部事情などを聞くことができます。こういった情報は病院や企業イメージにも関わるので、表に出ることがほとんどありません。その為、誰でも見られる求人サイトや、ハローワークなどの公的機関では知ることができない情報になります。

もちろん、④のように「今の職場で昇進する」という方法もありますが、もしかしたら今の職場で管理薬剤師になるよりも、待遇の良い求人があるかもしれません。今すぐ転職するかどうか決めないにしても、転職エージェントで情報を集めることは、今後の転職の役に立ちますし無駄にはならないのです。

「管理薬剤師になったけど、思ったような仕事と違った…」とならずに、長く働けるよう、しっかり事前にリサーチしてから転職するようにしましょう。

≪参考URL≫

管理薬剤師の仕事内容や役割について

http://www.xn--3-7h8au57an4vewi18o.com/index-14.html

病院の管理薬剤師の仕事内容

http://www.xn--3-7h8au57an4vewi18o.com/index-6.html

ドラッグストアの管理薬剤師の仕事内容

http://www.xn--3-7h8au57an4vewi18o.com/index-7.html

医薬品卸業の管理薬剤師の仕事内容

http://www.xn--3-7h8au57an4vewi18o.com/index-8.html

製薬メーカーの管理薬剤師の仕事内容

http://www.xn--3-7h8au57an4vewi18o.com/index-9.html

調剤薬局の管理薬剤師の仕事内容

http://www.xn--3-7h8au57an4vewi18o.com/index-5.html

管理薬剤師の役割

http://careergarden.jp/yakuzaishi/kanriyakuzaishi/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ツールバーへスキップ